家計の見直しの秘訣はまず固定費から

節約 家計の見直し
家計簿電卓

貯蓄を始めるうえで、必要なことは現状の収入と支出を見直すことから始まります。

家計の支出の見直しは固定費から

家計の支出の項目は、食費、光熱水費、住宅費、通信費、遊興費、交通費、美容被服費、医療費、教育費、交際費、保険、社会保険、税金などがあります。

節約というと、食費や外食を切り詰めようとされる方が多いですが、食費で元々すごい贅沢なものを食べていたり、外食メインという極端な事例でない限り、節約で得られる余剰金はたいした金額ではありません。

家計の節約で注目すべきなのは、固定費です。

家計の中の固定費って何?

家計の項目の中の固定費に分類する項目は、毎月一定額以上かかる項目です。

先ほど例に挙げた項目のなかで、固定費は、光熱水費、住宅費、通信費、交通費(ガソリン代含む)、教育費、保険、社会保険、税金です。

変動費は食費、美容被服費、医療費が考えられます。

固定費を削減すると大幅な節約が毎月できる!

固定費の光熱水費は一見変動費に思えますが、電気をこまめに消すようにしても、いきなり5000円節約!なんてことは起きませんので、毎月一定額かかる固定費です。

たとえば、保険のプランを見直して、毎月の支払額を5,000円節約出来たら・・・

12ヶ月で6万円の節約です!

毎年6万円貯蓄できるのと、できないのとでは、家計への影響は大きいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました