節約につながる家計簿の4つの特徴

節約 家計の見直し
家計簿電卓

貯蓄をしようと思っても、なぜか毎月手元に残るお金が少なかったり、赤字で悩む人もいると思います。

節約のために家計簿をはじめても、家計簿も今はいろいろな付け方があり、スマホのアプリやエクセル、本などどれが適しているのか選択肢が多くて迷いますよね。

試しに、書店で市販の家計簿コーナーを見ても、フォーマットが様々でどれがいいのかさっぱり分からなくなります。

私はスマホアプリ、エクセル、市販の家計簿を試して、研究した結果をもとに、節約につながる効率的な家計簿の書き方をご説明します。

そもそもなぜ家計簿をつけるのか

悩む女性

 

家計簿をつけるとき、絶対に見失ってはいけないことがあります。

 

それは目的です。

 

家計簿をただつけているだけでは意味はありません。

ただの生活の記録としてつけるのでしょうか?

このサイトを読んでいるあなたは「節約」したいと思って、ここに辿り着いたはずです。

家計簿は、日々の支出から節約できるお金をあぶり出すツールなだけなのです。

 

漫然と金額を書き写したりすると、やってる感が出てしまい、それで節約した気になってしまう人がいます。

家計簿つけても日々の支出、あなたの行動が変わらない限り、節約は全くできていないのです。

 

節約につながる家計簿の特徴

特徴①手間が少なく簡単に書ける

家計簿に手間がかかると、つい後回しになってしまいますよね。

家計簿は続けなければ意味がないので、簡単であることが条件です。

特徴②項目ごとで合計金額を把握する

家賃、保険料、通信費、燃料費、食費、美容被服費・・・など項目ごとで合計金額を把握することが重要です。

毎月の項目だけの合計金額を見れば、今月の支出がどうだったか一目瞭然です。

え!今月食費に7万円かかってたの?!

通信費、保険料思ってたより高かったわ・・・

自分では気付いていない消費傾向が家計簿をつけることで分かってくるのです。

 

特徴③アプリでもエクセルでもない!手書きがいちばん!

私は仕事でも手書きが嫌いで、簡単なメモもパソコンで入力してしまうくらい、手書きが苦手でした。

当然、最初はアプリやエクセルで家計簿をつけようと挑戦しました。

しかし、携帯やパソコンで入力すると、なかなか家計簿を見返えさない、何か書き込みたくても書き込めないなど使い勝手が不自由でした。

家計簿は手書きが向いていると感じました。

 

金額を電卓を使って計算したり、紙に書き込むことで、価格が頭に自然と入ったりするなど、アプリやエクセルでは発見できなかった気付きを手に入れることができます

手書きならではのメリットだと思います。

 

家計簿により大幅に節約ができた方々をリサーチすると、金額を手書きで書き込むことのメリットをよく述べられていますので、書くという動作は家計簿にとって意味のある行為だと思います。

 

特徴④市販の家計簿も使わない!普通のノートがオススメ!

結論:家計簿はA4サイズの普通のノートが最適!

普通のノートを選ぶ理由

市販の家計簿はいろんなフォーマットが出ています。

自営業、会社員、共働き、母子家庭、子育て家庭、子なし家庭など家族形態が違ったり、ローンあるなしもまた支出項目が変わってきます。

自分の家庭の支出スタイルが、市販の家計簿のフォーマットとぴったり合うでしょうか?

家計に100%合って、書くのにストレスフリーな家計簿は存在しないと感じています

 

私の話をさせていただくと、市販の家計簿を自分の家計に合いそうなものをしっかり選んで購入しました。

しかし、選んで家計簿を買ったとはいえ、支出内容が100%書きやすいとは言えず、書く度にストレスをためていました。いつしか、家計簿をつける目的も見失い、自分の消費行動の分析と分析をもとにした節約もできていませんでした

そんなとき、書店で「正しい家計管理」という本に出会いました。

 

こちらの書籍では、普通のノートに家計簿を書くことを推奨していました。

普通のノートで作る家計簿は、自分の家庭の支出に合ったフォーマットにできます。ストレスなく書け、自分の分析次第で、節約につながるツールにできるのです。

 

ノートのサイズはA4サイズがベスト!

一般的なノートはB5サイズですが、レシートや請求書を貼るにはA4サイズが丁度良い大きさでベストです。

レシートや請求書は過去の消費行動を振り返る際、とても役立つため、ノートに貼ることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました