家計の固定費の見直し:家賃編

節約 家計の見直し
家計簿電卓

家計の節約を目指すうえで、下記の記事で固定費を見直すことの重要性をご説明しました

固定費の削減は一見地味ですが、見直すことで、毎月一定額の削減ができます

今回は固定費の家賃の削減について考えていきます

家賃は多額のお金が削減できる

家賃は毎月かかる固定費です

例えば、家賃8万円+共益費4,000円+駐車場代6,000円

合計毎月9万円かかる賃貸物件に住んでいると仮定します

この物件は年間108万円かかります

しかし、少し古めで、少し狭いなど条件を緩和すると、家賃は急激に下がる地域があります

実際にある家賃を例に挙げます

家賃5万4,000円+共益費4,000円+駐車場代6,000円

合計毎月6万4,000円かかる賃貸物件は年間76万8,000円

差額の節約額、31万2,000円です

共益費と駐車場代は全く同じなので、単純に家賃だけが費用の増減に影響を与えています

31万2,000円も年間削減できると、かなり生活もゆとりが生まれるのではないでしょうか

まとまった額を節約したい場合は、一度お住まいの賃貸物件について見直ししてみましょう

家賃が下がる条件

家賃が下がる条件は、築年数が古ければ古いほど低額になります

また、賃貸物件の広さ、駅からのアクセス、住環境の状態、水回りのリフォーム状況が家賃の価格設定に大きな影響を与えています

家賃が安いものを探すには、以下の項目に注目してください

  • 築年数が古いこと
  • 賃貸物件が狭いこと
  • 駅からのアクセスが時間がかかること
  • 線路が近いなど、騒音があること
  • 水回りのリフォームがされていないこと

大まかにこれだけの家賃値下げ要因を挙げさせていただきました

上記の項目をすべて当てはめると生活の質が下がりかねないので、もしお引越しする場合はご自身でどこまで条件を譲歩できるのか考え、この程度の古さなら、この程度の狭さなら気にならないなど妥協点を押さえた上で、ちゃんと物件を見学し、引越し先を選びましょう

引っ越しも自分たちで引っ越す場合は、無料でできますが、引越し業者に頼む場合はそれなりの金額になります

引っ越しはコストがかかりますから、引っ越ししたらしばらくはそこに住むつもりで賃貸物件を選びましょう

アパマンショップでお部屋探し

引っ越しは手間だが金銭的なメリットは大きい

引っ越しは正直手間が多いです

住民票の移転、転居先の電気、ガス、水道の手続き、銀行などの住所変更…

手間はかかりますが、一時の手間で、固定費の大幅な削減ができます

コツコツ食費を切り詰めたり、コンセントを抜くという努力だけでは到底達成できない多額の生活費を削減できます

このページ冒頭の家賃のシュミレーションで、31万2,000円削減できました

不動産屋のサイトでは、実際の賃貸物件を条件を細かく設定して、自由に検索することができます

自分が住みたい地域、沿線で、自分が大切にしている条件(駅チカ等)などを設定して、シュミレーションしてみると、具体的にイメージがわくと思います

全国賃貸情報 アパマンショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました